trip

【京都祇園祭】宵山混雑避けて京町屋カフェのある岩戸山で楽しむ

更新日:

京都の夏の風物詩「祇園祭」といえば、宵山と山鉾巡業ですね。

前祭の山鉾巡行前3日間の宵々々山、宵々山、宵山と、四条烏丸一帯には、山鉾が立ち並び、「コンチキチン」の祇園囃子が奏でられ賑やかな雰囲気になります。

祇園祭の一番盛り上がるこの宵山の期間に京都に行ってきました。

夜になると混雑するので、宵々山の昼間にのんびり山鉾会所巡りを楽しみました。おすすめは、京町屋カフェ「ザ ターミナル キョウト (THE TERMINAL KYOTO)」のある岩戸山。

今回は、混雑知らずで祇園祭を楽しんだ岩戸山巡りの様子を紹介します。



kyoto-guide book

祇園祭は昼の宵々山こそ楽しめる

山鉾巡行の前々夜となる宵々山の昼間の四条通りは、四条烏丸付近は、山鉾巡業で先頭を行く長刀鉾の粽(ちまき)に行列が出来ていましたが、まだ、ゆっくり見て回れるほどの人混みです。

奥に見えるのは人気の長刀鉾。

路地裏の歩行者天国の先にも鉾が見えます。

宵山の楽しみの一つ、お守りの粽やご朱印帳集めや、山鉾限定の手ぬぐいやお菓子を買うなら、山鉾巡行の前々夜(宵々山)の昼間時間帯が狙え目です!

カフェも楽しめる岩戸山に行こう!

山鉾巡りは当てもなくぶらぶら歩くのも楽しいのですが、祇園祭の京都は暑い!行きたいところを決めておくと効率よく回れます。

おすすめは、新町通仏光寺下るに位置する岩戸山です。

拝観料もリーズナブルだし、宵々山の昼間は、スムーズに山に登れます。食べられる粽もあって、岩戸山を飾る見送り(タペストリー)は、おしゃれな町屋カフェ「ザ ターミナル キョウト (THE TERMINAL KYOTO)」で鑑賞できます。

京町屋の雰囲気を楽しみながら、美味しいコーヒーで一休み。岩戸山かなりおすすめです!

岩戸山周辺には、月鉾、鶏鉾、大船鉾、伯牙山などたくさんの山鉾が観られるので、休憩ポイントに岩戸山にして各会所を周り、グッズを買ったり、ご朱印帳をもらって楽しみます。

宵々山の昼間はスムーズに拝観できました。


厄除けの食べられない粽です。

岩戸山は、天照大神の岩戸隠れの神話に由来しています。

スサノオノミコトの乱暴にアマテラスオオミカミが岩戸に隠れられてしまい、アマノウズメノミコトが舞ったという日本神話に登場する3体のご神体が飾られています。

開運のご利益があり、拝観券や拝観券つきの粽(ちまき)を買うと岩戸山に登れます。岩戸山の食べられる粽は、宵山限定です。

町屋で岩戸山を飾る豪華な装飾品を楽しむ

粽を買って山を下りたら、町屋カフェ「ザ ターミナル キョウト」の玄関に展示されている岩戸山を飾る見送り(タペストリー)や水引をを観に行きます。

見送り(タペストリー)「日月龍額唐子嬉遊図刺繍」は、山鉾巡業には、岩戸山の背面に飾られた華やかな姿が観られます。

山鉾巡業の岩戸山

町屋カフェ「ザ ターミナル キョウト」で一休み

見送りや水引などの美術品を楽しんだら、奥にあるカフェ「ザ ターミナル キョウト」で一休み。

町屋の奥に進むとこんなに静かな空間が広がっているとは驚きでした。

喫茶コーナーの隣には、展示コーナーがあって素敵な作家さんたちの作品が飾られています。

奥庭の緑を眺めながら珈琲をお菓子と一緒にいただきました。

お茶のメニューには、抹茶と紅茶もあります。お菓子付きのセットです。珈琲は、注文してから豆を挽き、ハンドドリップでいただけます。こだわりのある珈琲はとても美味しかったです。

岩戸山の町屋カフェ「ザ ターミナル キョウト」では、外の暑さと祇園祭の賑やかさから解放された癒される時間を過ごすことが出来ました。

祇園囃子が、あちらこちらから聞こえる祇園祭は、風情があります。

あれも、これもと欲張ると混雑に巻き込まれて疲れただけになってしまいます。宵々山の昼間を狙い、ゆったりとしたこんな過ごし方をしてみてはいかがでしょうか?

■ザ ターミナル キョウト
THE TERMINAL KYOTO

最寄駅:四条駅(京都市営)
住所:京都府京都市下京区岩戸山町424
電話番号:075-344-2544
営業時間:9:00~18:00
定休日:なし

食べログで見る

▼こちらの記事もおすすめです

【京都祇園祭】山鉾巡業辻廻しを河原町ベストポジションで観る戦略!

  • Author
fudeeatrip

fudeeatrip

美味しいもの大好き!食べ歩き大好き!グルメと旅の情報お届けします!

-trip

Copyright© fudeeatrip , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.